特集記事(抄訳版)

NISTによる“IoTへのDDoS攻撃の緩和”研究への参画

Internet of Things(IoT)機器の爆発的な成長は、製造業者と消費者にとっての恩恵でした。オンライン化される製品は実に多くあり、その開発には終わりが見えそうもありません。おそらくあなたは、卵ケースやごみ箱がインターネットに接続されることになろうとは考えもしなかったと思いますが、これらは現実に起きています。しかし残念ながら、“良いこと”として始まった物事は、一転して“悪いこと”となるのも早いものなのです。
消費者向けデバイスは、市場に素早く投入され、価格の変動も激しく起こります。サイバーセキュリティ関連のコストは、導入までの時間とデバイス価格が必然的に影響します。そのため、製造業者はしばしば必要なセキュリティの導入を見合わせることがあります。その結果、十分なセキュリティが確保されず、ハッカーが攻撃し乗っ取ることのできるデバイス(玩具、カメラ、モニター、時計など)が後を絶ちません。これらのデバイスは、「ボットネット」(遠隔制御されるデバイスのネットワーク)に組み込むことができ、悪意のあるデバイスとなります。

NISTによる“IoTへのDDoS攻撃の緩和”研究への参画

関連するセキュリティ記事

コミュニティに参加

Symantec Connect でセキュリティに関する議論に参加

COMMUNITY

脅威インテリジェンスについて Twitter @Threatintel をフォロー

SYMANTEC ON TWITTER

YouTube チャンネルでシマンテック・ウェブサイトセキュリティのビデオを見る

SYMANTEC ON YOUTUBE

Symantec Managed PKI Service

エンタープライズ環境でテスト済みのクラウドベース PKI を利用して、不正なアクセス、メールの危殆化、文書の改ざんからの保護を行います。

Symantec Managed PKI Service