セキュリティトピック


プライベート SSL

プライベート SSL サーバ証明書の管理

主な機能と利点

Symantec プライベート SSL は、自己署名で発行されるイントラネット証明書のセキュリティと管理を向上するコスト効率の高いソリューションであり、企業や業界のコンプライアンス基準にも対応します。

 

シマンテック マネージド PKI for SSL のコンソールが提供する可視性とアラート機能警告を利用することで、期限切れを回避し、自己署名のイントラネット証明書を即時に発行、管理、追跡することができます。

 

これによって自己署名証明書に付随するリスクやエラー、作業時間、隠れたコストの発生をより効率的に回避することができます。

 

さらに、パブリックルートに連鎖している SSL/TLS サーバ証明書に影響する業界基準の変更を心配せずに、イントラネット証明書を発行できます。

 

このソリューションでは、自己署名証明書に付随するリスクやエラー、隠れたコストの発生を回避できます。

 

 

Web サイトセキュリティ

システム要件

マネージド PKI for SSL は、インターネットに接続した任意のコンピュータで動作するクラウドベースのプラットフォームです。

証明書がインストールされる CSR(サーバの証明書署名要求)を生成します。サーバで使用されているソフトウェアがわからない場合は、お客様のテクニカルサポートチームに連絡してください。

お使いのサーバソフトウェア用の CSR 生成手順を選択します。

 

 

シマンテック™ マネージド PKI(MPKI)for SSL

MPKI for SSL の説明

Symantec™プライベート SSL は、社内の通信を保護するために専用に構築された、ホスト型のプライベート SSL サーバ証明書階層構造とエンドエンティティ証明書を提供します。パブリックおよびプライベート SSL/TLS サーバ証明書を 1 つの管理コンソールであるシマンテック™ マネージド PKI(MPKI) for SSL に統合します。

データシート
シマンテック セキュア・サーバ ID SSL サーバ証明書を使用した FATCA データの処理

シマンテック セキュア・サーバ ID を使用した FATCA データの処理

2010 年、米国納税者の透明性向上とコンプライアンス違反の摘発を目的として、外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)が施行されました。

この法律は、海外に特定の金融口座やオフショア資産を持つ米国の個人納税者、米国人納税者の口座がある海外の金融機関、海外企業に支払いのある米国の金融機関に適用されます。

続きを読む

クライアント証明書とサーバ証明書の

クライアント証明書とサーバ証明書の違いとは?

「公開鍵基盤」、「クライアント証明書」と聞くと、多くの人は企業が顧客のオンライントランザクションの保護と完了に忙しいさまを思い描くでしょう。ところが、このような証明書は日常生活で、あらゆる形で使用されています。VPN にサインインしたり、ATM で銀行カードを使用するとき、あるいは建物への入退出用カードやロンドンの交通スマートカード「Oyster」の内部でも使用されています。  

続きを読む

SSL/TLS サーバ証明書のしくみとは?

SSL/TLS ハンドシェイクとは?

SSL/TLS プロトコルは 2 点間でやりとりされる情報を暗号化するためのプロトコルです。通常はサーバとクライアントの間を暗号化しますが、サーバ間やクライアント間でも暗号化が必要な場合があります。この記事では主に、サーバとクライアント間のネゴシエーションについて説明します。

続きを読む

導入事例

シマンテック・ウェブサイトセキュリティソリューション使用の実例

コミュニティに参加

Symantec Connect でセキュリティに関する議論に参加

SYMANTEC CONNECT

脅威インテリジェンスについて Twitter @Threatintel をフォロー

SYMANTEC ON TWITTER

YouTube チャンネルでシマンテックウェブサイトセキュリティのビデオを見る

SYMANTEC ON YOUTUBE

基本から学ぶSSL

SSL/TLSサーバ証明書とは

オンラインの情報を保護し、Web サイトの信頼性を高める SSL サーバ証明書。「SSLとは?」「なぜSSLが必要なのか」「SSLの種類」「SSLがどのように機能するのか」をわかりやすく説明します。

 

鍵