Google Chromeにより警告がでるウェブサイトかチェックする

Google Chromeの2018年3月と9月のリリースにより一部のSymantec・Thawte・GeoTrust・RapidSSLにより発行されたSSL/TLS サーバ証明書はブラウザにより信頼されなくなります。Chromeの利用者は、問題のある証明書が入ったウェブサイトにアクセスすると「ウェブサイトが信頼されていない」「このウェブサイトは安全ではない」などといった警告を目にすることになります。

loader
 

証明書はSymantec、GeoTrust、 Rapidsslによって発行されたものではありません

確認をするサイトが弊社の製品を利用して守られていることを確認ください

 

対策の必要はありません.

Google Chromeは{0}のSSL / TLS証明書を引き続き信頼します .

 

対策の必要はありません.

{0} はDigiCertのSSL/TLS サーバ証明書で守られています。このウェブサイトはGoogle Chromeにより継続して信頼されます

 

2018年3月13日までに {5} の証明書を入れ直してください。

Google Chromeにより、3月15日以降に警告が表示される恐れがあります。

再発行する証明書は無償で管理コンソールから入手できます。

  • Symantecのストアフロントより証明書を直接購入されたお客様はこちらからログインください。
  • Symantecのマネージド PKI for SSLより証明書を購入されたお客様はこちらからログインください。
  • 社内のポータルサイトより証明書を入手されたお客様は、社内の管理者にご連絡、ご相談ください。
  • Symantecの代理店経由で購入して、ストアフロントより証明書を発行されたお客様はこちらからログインください。
 

2018年9月13日までに {5} の証明書を入れ直してください。

再発行する証明書は無償で管理コンソールから入手できます。

  • Symantecのストアフロントより証明書を直接購入されたお客様はこちらからログインください。
  • Symantecのマネージド PKI for SSLより証明書を購入されたお客様はこちらからログインください。
  • 社内のポータルサイトより証明書を入手されたお客様は、社内の管理者にご連絡、ご相談ください。
  • Symantecの代理店経由で購入して、ストアフロントより証明書を発行されたお客様はこちらからログインください。
 

2018年3月15日までに {5} の証明書を入れ直してください。

Google Chromeにより、3月15日以降に警告が表示される恐れがあります。

再発行する証明書は無償で管理コンソールから入手できます。

  • {0}証明書を直接購入されたお客様は{7}からログインください。
  • {8}
 

2018年9月13日までに {5} の証明書を入れ直してください。

Google Chromeにより、9月13日以降に警告が表示される恐れがあります。

再発行する証明書は無償で管理コンソールから入手できます。

  • {0}証明書を直接購入されたお客様は{7}からログインください。
  • {8}
 

ウェブサイトにアクセスすることができません

入力したFQDNが正しいか、もしくは一般に公開されているサイトであるかを確かめてください