シマンテック サーバIDを更新する

更新ではお支払を「後払い(先行納入手配)」にすると証明書発行がスピーディです

いつでも更新 - 証明書発行30日後から更新可能です

ご利用中の証明書の残存有効期間分を追加し、更新後の証明書を発行するので、無駄なく更新いただけます。

※最長有効期間は、27ヶ月間となりますのでご注意ください。

まとめて更新 - 複数の証明書を一括で更新できます

30日経過後いつでも更新できるので複数証明書をまとめて更新

複数の証明書をご利用している場合は、一度にすべての証明書の更新手続きを行えます。

ライセンスオプションでまとめて更新

同一コモンネームで複数 ID を取得されている場合は、「ライセンスオプション」を活用すれば申請作業・管理を大幅に効率化できます。

  • CSRの生成は1回(1ID分)だけになります。
  • ストアフロントから証明書を申請する回数も1回で完了します。
  • 発行される証明書は1ID分だけです。

シマンテックでは、ご利用中のサーバ証明書が有効期限を迎える前にEメールや郵便等で更新時期のご案内をいたします。

  • ※更新申請受付以降は、更新案内のE-mailは配信されません。
  • ※有効期限が切れた3日後に、更新が確認できなかったお客様には、「有効期限切れ」のお知らせのE-mailが配信されます。

技術担当者 (申請手続き担当者) 様の登録Eメールアドレス、ご住所に変更がありますとお知らせをお届けできない可能がございます。必ず担当者変更の手続きをお願いいたします。

SSL サーバ証明書の更新をしないと警告画面が表示されます

    SSL サーバ証明書の更新をせずに有効期限を迎えると、ウェブサイト訪問者のブラウザ画面にセキュリティの警告が表示されます。安心してユーザ様にウェブサイトをご利用いただくため、有効期限内に更新手続きを行い、サーバに設定することをお勧めします。

緑色のバーは安心・信頼のウェブサイトカラー

EV SSL 証明書で保護されているウェブサイトを訪れると、
アドレスバーが緑色に変わります。

脆弱性アセスメント(診断)とは

Webサイトの中で最も悪用されやすい弱点をすばやく特定し、対策をとるのに役立つ機能です。(すべての EV またはグローバル・サーバ IDをご購入した方が対象です)

  • 無償で脆弱性診断をご利用いただけます
  • サイトの脆弱性を毎週自動でスキャンするので早期に問題点を把握できます
  • 重大な脆弱性と、危険性が低い情報項目の両方を識別する実用的なレポート

ECC(楕円曲線暗号)とは

現在の標準的な暗号方式に比べ、短い暗号鍵長でも、より強固なセキュリティを実現することができる暗号技術です。

  • 追加料金なしで、RSA、ECC の全ての利用が可能です(グローバル・サーバID、グローバル・サーバ ID EVが対象となります)
  • 業界最強の暗号強度です
  • スピードアップとサーバ負荷の軽減が見込めます

複数年の証明書は 1 年間の証明書を継続するよりもコストを抑えて運用いただけます。

例えば、2 年間有効なセキュア・サーバ ID は¥9,000 お得にご利用いただけます。有効期間が長い証明書になるほど割安な価格でご利用いただけます。

セキュア・サーバIDの割引率

  セキュア・サーバID セキュア・サーバID EV
1年有効な証明書を継続更新した場合
(税抜価格)
¥81,000 ¥162,000
複数年の証明書をご購入いただいた場合
(税抜価格)
¥153,000 ¥315,000
差額 ¥9,000お得!

グローバル・サーバ ID の割引率

  グローバル・サーバID グローバル・サーバID EV
1年有効な証明書を継続更新した場合
(税抜価格)
¥138,000 ¥219,000
複数年の証明書をご購入いただいた場合
(税抜価格)
¥264,000 ¥426,000
差額 ¥12,000お得!

緑色のバーは安心・信頼のウェブサイトカラー

EV SSL 証明書で保護されているウェブサイトを訪れると、
アドレスバーが緑色に変わります。

脆弱性アセスメント(診断)とは

Webサイトの中で最も悪用されやすい弱点をすばやく特定し、対策をとるのに役立つ機能です。(すべての EV またはグローバル・サーバ IDをご購入した方が対象です)

  • 無償で脆弱性診断をご利用いただけます
  • サイトの脆弱性を毎週自動でスキャンするので早期に問題点を把握できます
  • 重大な脆弱性と、危険性が低い情報項目の両方を識別する実用的なレポート

ECC(楕円曲線暗号)とは

現在の標準的な暗号方式に比べ、短い暗号鍵長でも、より強固なセキュリティを実現することができる暗号技術です。

  • 追加料金なしで、RSA、DSA、ECC の全ての利用が可能です(グローバル・サーバID、グローバル・サーバ ID EVが対象となります)
  • 業界最強の暗号強度です
  • スピードアップとサーバ負荷の軽減が見込めます

現在他の製品をご利用いただいている場合でも、更新の際に他製品を選択いただけます。

主な機能/価格 グローバル・サーバ ID EV セキュア・サーバ ID EV グローバル・サーバ ID セキュア・サーバ ID
セキュリティレベル
認証レベル
SSL 証明書 - 緑色のバー 緑色のバー - -
EV (拡張された認証) 機能 - -
脆弱性アセスメント -
ECC対応SSLサーバ証明書 - -
価格(税抜)
有効期間 1 年 ¥219,000 ¥162,000 ¥138,000 ¥81,000
有効期間 2 年 ¥426,000
¥12,000 お得
¥315,000
¥9,000 お得
¥264,000
¥12,000 お得
¥153,000
¥9,000 お得
有効期間 90 日 - - ¥68,400 ¥39,600
有効期間 180 日 - - ¥88,800 ¥51,600

緑色のバーは安心・信頼のウェブサイトカラー

EV SSL 証明書で保護されているウェブサイトを訪れると、
アドレスバーが緑色に変わります。

脆弱性アセスメント(診断)とは

Webサイトの中で最も悪用されやすい弱点をすばやく特定し、対策をとるのに役立つ機能です。(すべての EV またはグローバル・サーバ IDをご購入した方が対象です)

  • 無償で脆弱性診断をご利用いただけます
  • サイトの脆弱性を毎週自動でスキャンするので早期に問題点を把握できます
  • 重大な脆弱性と、危険性が低い情報項目の両方を識別する実用的なレポート

ECC(楕円曲線暗号)とは

現在の標準的な暗号方式に比べ、短い暗号鍵長でも、より強固なセキュリティを実現することができる暗号技術です。

  • 追加料金なしで、RSA、DSA、ECC の全ての利用が可能です(グローバル・サーバID、グローバル・サーバ ID EVが対象となります)
  • 業界最強の暗号強度です
  • スピードアップとサーバ負荷の軽減が見込めます

基本から学ぶSSL

SSL/TLSサーバ証明書とは

オンラインの情報を保護し、Web サイトの信頼性を高める SSL サーバ証明書。「SSLとは?」「なぜSSLが必要なのか」「SSLの種類」「SSLがどのように機能するのか」をわかりやすく説明します。

 

鍵