脅威

シマンテックのセキュリティテクノロジおよびレスポンス(STAR)チームは、6300 万以上の攻撃センサーを監視して世界中の総合的な脅威データを配信しています。

セキュリティ記事

セキュリティは万全ですか?

チェックリストを確認(英語)

8,100 万
2017 年第 1 四半期には XXX 件の重大な脅威を回避

2017 年 4 月時点でのマルウェアの種類

年間脅威レポート

シマンテックインターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)を読む

ダウンロードする(英語)

セキュリティテクノロジおよびレスポンス(STAR)インテリジェンス

START レポート: 要点

ミスによるデータ漏えい

ミスによるデータ漏えい

英国の出版社 The Guardian でのデータ漏洩により、出会い系サイト Soulmates のユーザーに対し性的に露骨な内容のスパムが送信されました。 人的エラーが原因とされています。

選挙戦へのハッキング攻撃

選挙戦へのハッキング攻撃

シマンテックインターネットセキュリティ脅威レポートでは、2016 年に妨害活動や破壊活動を意図したサイバー攻撃が猛威を奮った経緯を考察しています。#cyberattacks

コネクテッドデバイスに迫る危険

コネクテッドデバイスに迫る危険

Hajime というワームは、Mirai をはじめとする悪質な脅威から IoT デバイスを守ろうとする善意のハッカーが作ったもののようです。

リアルタイム脅威監視

ゼロデイ攻撃についてのガイド

ネットワークと機密データを保護するための手段を講じたとしても、ゼロデイ攻撃のリスクは残っています。 ゼロデイ攻撃という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、その仕組みについてはあまり理解していないのではないでしょうか。 あるいは、ゼロデイ攻撃を理解していても、予防する方法について実用的な情報を必要としているかもしれません。

 

このガイドでは、ゼロデイ攻撃の概要と仕組み、そして検出、特定する方法、企業を保護する方法について説明します。

 

基本: ゼロデイ攻撃とは

ゼロデイ攻撃とは、ハードウェア、アプリケーション、データ、ネットワークに悪影響を及ぼすために悪用できる未公開のアプリケーション脆弱性です。 「ゼロデイ」という言葉は、問題が発見されたばかりで、すでに悪用されている可能性がある場合、開発者が修正する時間が「ゼロ」日しかないことを意味します。 ハッカーはセキュリティの脆弱性に乗じて、問題が発見されたその日にサイバー攻撃を仕掛けます。 つまり、修正パッチがリリースされる前に脆弱性が悪用されるのです。

リアルタイム脅威監視

セキュリティの最新情報

コンプリート・ウェブサイトセキュリティ

スマートなエンタープライズのためのセキュリティ

コンプリート・ウェブサイトセキュリティの詳細   

使用例

シマンテック・ウェブサイトセキュリティソリューションの活用事例

小規模企業の e コマース

Timeless Wrought Iron 社は、オンラインで高額購入する顧客に信頼を提供しています。

金融

LocalTapiola グループは、Symantec SSL Discovery を利用して、SSL の管理と更新に伴う問題を解決しています。

VIEW ALL USE CASES   

コミュニティに参加

Symantec Connect でセキュリティに関する議論に参加

SYMANTEC CONNECT

脅威インテリジェンスについて Twitter @Threatintel をフォロー

SYMANTEC ON TWITTER

YouTube チャンネルでシマンテック・ウェブサイトセキュリティのビデオを見る

SYMANTEC ON YOUTUBE